中山道ウォークを体験!木曽福島観光の2泊3日おすすめモデルコース

【実体験】木曽福島観光の2泊3日モデルコース!中山道ウォークがおすすめ!国内旅行

長野県の木曽福島に行きたいけど、どんな観光があるんだろう。現地で温泉旅館に2泊はしたいな。モデルコースがあれば知りたい。

この記事は、そんな疑問に答えます。

本記事の内容
  • 木曽福島観光の2泊3日モデルコース
  • 木曽福島観光モデルコースの旅行費用

こんにちは、ツバサです。

最近は観光客が密集しているところよりも自然の中で密にならない観光地やアクティビティが人気が出ています。

そんな自然を楽しめるアクティビティに木曽福島の街歩き中山道ウォーキングがあります。

そして、宿泊は木曽福島駅前にある温泉旅館「山みず季URARAつたや」に宿泊して温泉も楽しみます!

そんな木曽福島や中山道ウォーキングを実際に体験をしてきたので、観光のモデルコースを紹介したいと思います。

木曽福島&中山道ウォーキングのおすすめ観光モデルコース

木曽福島&中山道ウォーキングのおすすめ観光モデルコース

木曽福島は長野県の山間部に位置していて、JRでいうと中央本線が走っているエリアになります。

木曽福島には温泉があったり、近くに御嶽山があったりしますが、おすすめの観光モデルコースは中山道ウォーキングを組み込んで2泊3日の旅程にするのがおすすめです。

※東京からの旅程で例を挙げます。

木曽福島観光モデルコース
  • 1日目
    東京から松本へ
    松本市内観光をしてから木曽福島へ
    木曽福島到着後、木曽福島の街歩き
    木曽福島の旅館に宿泊
  • 2日目
    電車で中津川駅に行き、バスで馬籠宿へ
    馬籠宿から妻籠宿まで歩く中山道ウォーキング体験
    妻籠宿からバスで南木曽駅へ
    南木曽駅から木曽福島へ戻る
    木曽福島の旅館に宿泊
  • 3日目
    旅館をチェックアウト後、東京へ

このように旅程を組むと木曽福島を思う存分に満喫することができ、さらに旅行中は江戸時代にタイムスリップしたかのようなノスタルジックな旅をすることができます。

木曽福島での温泉旅館は、JR木曽福島駅の前にある「山みず季URARAつたや」に宿泊します!

それでは、木曽福島の観光モデルコースを時系列で細かく紹介していきます。

木曽福島観光モデルコース1日目

木曽福島観光モデルコース
1日目
  • 新宿駅から特急あずさ5号で松本へ

    木曽 福島 観光 モデル コース

    新宿駅から特急あずさ5号に乗車。
    新宿駅発8時00分 松本駅着10時37分

    松本駅到着後、松本市内観光へ
    ※大きな荷物がある人は駅構内のコインロッカーに荷物を入れましょう。

    木曽 福島 観光 モデル コース

    【駅構内のコインロッカー】
    小:400円
    中:500円
    大:700円
    大大:1,000円
    ※ほとんどのロッカーで交通系ICカードが使えます。
    ※大大=スーツケースが入るくらい大きいコインロッカーです。

    【駅の外のコインロッカー】
    小:400円
    中:500円
    大:700円
    ※硬貨のみ使えます。

  • 松本周遊バス「タウンスニーカー」で松本市内観光へ

    木曽 福島 観光 モデル コース

    松本市内観光はJR松本駅前のバスターミナルから出発する松本周遊バス「タウンスニーカー」を使います。

    タウンスニーカーは4つのルートの運行がありますが、今回は松本城旧開智学校に行くことができる「北コース」のバスを利用します。

    平日は30分に1本、週末と祝日は20分に1本のバスが運行していて、バス乗り場は「1番」から出発します。

    木曽 福島 観光 モデル コース

    北コースの運賃は一律で200円、交通系ICカードが使えないので小銭を用意しておくと便利です。
    ※小銭がない人はバス停車時に車内で両替ができます。

    タウンスニーカーのバスで北コースの終点の「旧開智学校」に向かいます。

  • 旧開智学校を見学

    木曽 福島 観光 モデル コース

    タウンスニーカーのバスで15分弱で北コースの終点の「旧開智学校」に到着します。

    旧開智学校は文明開化時代に使われていた学校になり、外観が洋風とも和風ともいえない不思議なもので、その不思議な建築は「擬洋風建築」といわれています。

    近代の学校では初めて国宝に指定されている学校なので必見です!

    今回の旅行では建物の耐震工事をしていて見学ができませんでした。

    旧開智学校に行く際は事前に工事の情報をチェックしてから行きましょう!

    【旧開智学校】
    入館料:大人400円
    営業時間:午前9時から午後5時
    ※2021年7月現在、耐震工事のため休館中です。

  • 松本城を見学

    木曽 福島 観光 モデル コース

    旧開智学校を見学した後は松本城に行きましょう!

    旧開智学校から松本城までは歩いて10分程で行くことができます。

    松本城といえば、現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城で有名です。
    ※別名:深志城

    松本城はなんと天守閣の中に入れるので、お城の一番上まで登ってみましょう!

    また、お城の中には火縄銃などの展示がされているもの必見です!

    木曽 福島 観光 モデル コース

    【松本城】
    観覧料:700円
    開場時間:午前8時30分から午後5時

  • 松本のご当地スイーツを食べる

    木曽 福島 観光 モデル コース

    松本城を見学した後は、駅の方に向かって歩いて行きましょう。

    女鳥羽川を渡ると「中町通り」という城下町の雰囲気を残した通りがあります。

    その通りに松本の人気スイーツの「信州プリン工房」があります!

    いろんなプリンがありますが、おすすめはさっぱり味の「城プリン」(400円)です!

    お城の中を歩き回った後に食べるプリンで体力回復しましょう!

    【信州プリン工房】
    営業時間:午前10時から午後6時
    定休日:年末年始

  • 松本のご当地グルメを食べる

    木曽 福島 観光 モデル コース

    信州プリン工房から駅に向かって歩くこと約5分のところにテレビ番組でも取り上げられたことがある信州そばの名店「そばきり・みよ田・松本店」があります。
    ※パルコ店と間違えないようにしましょう。

    人気番組でいうと「バナナマンのせっかくグルメ」に出ました!

    ちょうどランチ時間でお腹がペコペコなタイミングでご当地グルメの信州そば!

    僕のおすすめは「天ざる(1,430円)」です!

    木曽 福島 観光 モデル コース

    海老や白身魚、野菜の天ぷらに信州木曽の木祖村産のそば粉を使った二八そばで、あっという間に完食しました!

    【そばきり・みよ田・松本店】
    営業時間:午前11時30分から午後3時(昼営業)

  • 松本駅から特急ワイドビューしなの12号で松本へ

    信州そばを堪能したら、松本駅に戻りましょう!

    数時間の松本立ち寄りでも大満足の観光ができるので、この立ち寄りプランはおすすめです!

    コインロッカーで荷物を取りだしたら、いよいよ長野県の山間部へ向かいます!

    目指すは木曽福島です!

    木曽 福島 観光 モデル コース

    松本駅から特急ワイドビューしなの12号に乗車。
    松本駅発13時55分 木曽福島駅着14時33分

    特急列車で松本駅を出発するとあっという間に山間部に入ります。

    木曽川沿いを電車は走りますが、座席は進行方向の対して右側の指定席がおすすめです。

    木曽川や山々の景色がとてもきれいに車窓から見ることができます。

    ※特急ワイドビューしなのは座席にコンセントがないのでモバイルバッテリーを持っていると便利です。

  • ホテルに荷物を預ける

    特急ワイドビューしなのであっという間に木曽福島に到着です!

    木曽福島に到着したら、まずは旅館へチェックインします。

    旅館によってはチェックイン時間が遅いところもあるため、チェックイン時間前であれば荷物だけ旅館に置いてしまいましょう。

    木曽 福島 観光 モデル コース

    今回、僕が宿泊した旅館は「山みず季URARAつたや」です。

    木曽福島駅の前という絶好のロケーション

    さらにこの山みず季URARAつたやの隣りには、木曽おんたけ観光局のオフィスがあるので観光マップとかも簡単に入手することができます!

    木曽 福島 観光 モデル コース

    中山道のマップを必ずもらっておきましょう!

    荷物を置いたら、夕食までの2時間ほどで木曽福島の町を歩きます!

  • 福島宿の町並みを見学

    木曽 福島 観光 モデル コース

    まず初めに向かうのは木曽福島駅から歩いて約10分のところにある福島宿の町並みが残っているエリアです!

    福島宿は中山道の37番目の宿場町ですが、木曽川沿いにあるこの福島宿は実はとても重要な役割を持った宿場町でした。

    それはこの次に向かう「福島関所」に関係しています!

  • 福島関所跡を見学

    木曽 福島 観光 モデル コース

    福島宿の雰囲気が残っているエリアから歩いて約7分のところに「福島関所跡」があります。

    江戸時代には四大関所として、検問などの施設があった有名な関所が4カ所あります。

    1. 箱根関所(神奈川県)
    2. 新居関所(静岡県)
    3. 碓氷関所(群馬県)
    4. 福島関所(長野県)

    なんと木曽福島には日本四大関所の1つ「福島関所」があったのです!

    木曽川沿いにある町なので、川を使っての輸送において重要な拠点だったのが予想できます。

    鉄砲などの危ないものを江戸に持ち込まれないように厳しく取り締まっていたのかもしれません。

    福島関所資料館として当時の関所が再現されており、時代劇で見るような建物があるので見てみましょう!

    関所からは木曽川を下に見下ろすことができます。

    【福島関所跡】
    利用料:300円 開館時間:午前8時から午後5時30分
    ※11月から3月は午後4時30分まで。

  • 山村代官屋敷を見学

    木曽 福島 観光 モデル コース

    福島関所跡の次は木曽川を渡って、山村代官屋敷に向かいます。

    山村家は、関ヶ原の戦いの功績から江戸時代の約280年間にわたって木曽谷の徳川直轄地支配を任された木曽代官です。

    福島関所の関守も兼ねていたので徳川家から絶大な信頼を受けていたことがわかります。

    その山村家が暮らした御屋敷の一部が現存していて、文化資料や当時の饗応料理が展示されています。
    ※饗応料理とは大名などをもてなす料理のことです。

    木曽 福島 観光 モデル コース

    また、この山村家には木曽の守り神といわれている「おまっしゃさま(狐)」がいます。現在、祭壇の中にはそのおまっしゃさまのミイラが保存されています。 ※館内のスタッフにお願いすると見せてくれます。

    【山村代官屋敷】
    利用料:300円 開館時間:午前8時から午後5時30分
    ※11月から3月は午後4時30分まで。

  • 崖家造りを見学

    木曽 福島 観光 モデル コース

    山村代官屋敷から木曽川沿いを歩いて行くと、木曽福島の不思議な名所を見ることができます。

    それは「崖家作り」の家並みです。

    言葉の通り、まさに崖っぷちに建つ家です。

    川の上にせり出した様子は今にも木曽川に落ちそうなヒヤヒヤ感があります。

  • 木曽福島のご当地パンを食べる

    木曽 福島 観光 モデル コース

    木曽川沿いの崖家造りを見たら、木曽福島の駅の方に歩きましょう。

    その途中に長野県のご当地パンで有名な「牛乳パン」を買うことができます。

    お店の名前は「かねまるパン店」、元祖牛乳パンといわれているお店が木曽福島にあります!

    早速おやつ代わりに1つ購入しました!(1個200円)

    【かねまるパン店】
    営業時間:午前8時から午後7時
    定休日:日曜日

  • 木曽福島のご当地グルメを食べる

    木曽 福島 観光 モデル コース

    木曽福島の街歩きを終えた頃にはちょうど夕食の時間になって、お腹ペコペコです。

    現地の人におすすめの夕食を聞いたら、「だんぢり」という居酒屋のそばサラダが美味しくて人気という話を聞いたので行ってみることにしました!

    お昼にお蕎麦を食べたのにそんなのお構いなしです!

    ※ちなみに今回宿泊する「山みず季URARAつたや」では一人で宿泊の場合、夕食が付けれないため、外食になりました。1人でも旅館で夕食を食べたい人は「おん宿蔦屋」の旅館を予約しましょう。

    「だんぢり」は、地元の人たちが集まる大衆居酒屋の雰囲気がすてきで、一人でも入りやすいお店です。

    一見サラダに見えますが、野菜の下にお蕎麦があります!

    注文した夕食のメニューはこちらです!

    • そばサラダ
    • 鶏から揚げナスみぞれダレかけ
    • 白ご飯
    • お味噌汁
    • もずくの小鉢
    • お漬物

    夕食代金は2,080円でした。食べすぎ注意!

    【だんぢり】
    営業時間:午後5時から午後10時
    定休日:日曜日

  • 旅館で温泉に入る

    木曽 福島 観光 モデル コース

    長くて濃い1日を終えて、旅館に戻ったころには疲労度マックスです!

    そんな疲れた体にはやっぱり温泉です!

    木曽福島の温泉は「美肌効果・美容・疲労回復」の効能があるといわれていて、温泉に入った後は肌がスベスベになります。

    今回一番リーズナブルな客室に泊まりましたが、実はこの山みず季URARAつたやはテレビ番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」に出た旅館なんです!

    番組でリフォームされた和モダンの客室もあるのでカップルや夫婦で行く場合はアップグレードした客室がおすすめです!

    明日に備えて早めに就寝しましょう!

木曽福島観光モデルコース2日目

木曽福島観光モデルコース
2日目
  • 旅館で朝食を食べる

    木曽 福島 観光 モデル コース

    昨晩、温泉に入ったこともあり、ぐっすり寝れて晴れ晴れとした朝を迎えました!

    そして楽しみにしていた旅館の朝ご飯!

    山みず季URARAつたやの朝食の名前は、2段玉手箱「木曽檜のしらべ」という豪華にしか聞こえない期待度MAXの朝食です。

    朝食会場に行ってみると、豪華さに言葉を失いました!

    いったい何品あるんだというくらいの豪華さです。

    今回の朝食メニューはこちらです!

    • 野菜サラダ ・温泉玉子
    • 刺身こんにゃく
    • 隠元お浸し
    • 板海苔
    • 豆腐おから
    • 鮪たたき
    • 珍味三種(山椒野沢菜、浅利谷中煮、蕗煮)
    • ごぼうマヨネーズ和え
    • 魚肉シューマイ
    • 大平(おおびら)
    • ヨーグルト
    • 白ご飯
    • お味噌汁

    嬉しかったのは木曽福島の郷土料理「大平(おおびら)」の鍋を食べれたことです!

    これだけ朝から食べると、今日も1日歩き回れる元気が出ます!

  • 木曽福島駅から特急ワイドビューしなの4号で中津川へ

    木曽 福島 観光 モデル コース

    木曽福島駅から特急ワイドビューしなの4号に乗車。
    木曽福島駅発9時16分 中津川駅着9時51分

    電車の座席は進行方向に向かって右側がおすすめです。

    木曽福島を出発すると浦島太郎伝説が言い伝えられている「寝覚の床」が右側に見えます。

    木曽 福島 観光 モデル コース

    中津川駅到着後、駅前のバスターミナルへ急ぎましょう!

  • バスで馬籠宿へ

    木曽 福島 観光 モデル コース

    中津川駅からはバスに乗って馬籠宿に向かいますが、電車からバスの乗り継ぎ時間が4分しかないので急ぎましょう。

    北恵那バス・馬籠宿行き
    中津川駅発9時55分 馬籠着10時20分

    バス運賃の支払いは硬貨のみで交通系ICカードが使えないので小銭を事前に用意しておくと便利です。

    もしお札しかない場合はバス停車時に車内で両替をしましょう。

  • 馬籠宿の藤村記念館を見学

    木曽 福島 観光 モデル コース

    馬籠宿に着いたら、上り坂になっている町並みを歩いてみましょう。

    馬籠宿で行っておきたいスポットといえば「藤村記念館」です。

    木曽 福島 観光 モデル コース

    馬籠は島崎藤村の生まれ故郷で、記念館には資料や作品の原稿、遺愛品などが展示されています。

    【藤村記念館】
    入館料:500円
    開館時間:午前9時から午後17時
    ※12月から3月までは午後16時まで。

  • 馬籠観光案内所に立ち寄る

    藤村記念館を見学した後は、向かい側にある馬籠観光案内所に立ち寄りましょう。

    中山道(馬籠宿から妻籠宿)を歩く人向けの完歩証明書が販売されています。
    ※1個300円

    木曽 福島 観光 モデル コース

    で作られた完歩証明書に馬籠宿のスタンプを押してもらいます。

    妻籠宿まで歩いたら、妻籠観光案内所で妻籠宿のスタンプを押してもらうと完歩証明書がコンプリートします!

  • 馬籠宿から妻籠宿まで歩く中山道ウォーク

    馬籠宿から妻籠宿までは約8キロあります。

    最初の3キロは上りの山道が多いですが、残りの5キロは下りが多くなるため、最初頑張ればあとは楽になります。

    ※2時間半から3時間で歩くことができます。

    その8キロの間にはたくさん見所があります。

    中山道の見所
    • 十返舎一九の歌碑
    • 岐阜県と長野県の県境
    • 馬籠峠
    • 一石栃立場茶屋
    • 神居木
    • 女滝
    • 男滝

    木曽 福島 観光 モデル コース

    木曽 福島 観光 モデル コース

    木曽 福島 観光 モデル コース

    木曽 福島 観光 モデル コース

    木曽 福島 観光 モデル コース

    木曽 福島 観光 モデル コース

  • 妻籠宿に到着、完歩証明書にスタンプを押そう

    妻籠宿に到着したら、忘れないうちに先に妻籠観光案内所に立ち寄りましょう。

    木曽 福島 観光 モデル コース

    馬籠宿で購入した完歩証明書を提示すれば、スタンプを押してくれます!
    ※スタンプを押すだけなのでお金はかかりません。

  • 脇本陣奥谷と妻籠宿本陣を見学

    木曽 福島 観光 モデル コース

    妻籠宿で必ず見学したいのは脇本陣奥谷妻籠宿本陣です!

    脇本陣奥谷は、総檜造りの建物が公開されていて、国の重要文化財に指定されている建物です。

    囲炉裏に光が差す光景は写真スポットなので必ず撮りましょう!

    木曽 福島 観光 モデル コース

    歴史資料館も併設していて、妻籠宿について深く学ぶことができます。

    歴史資料館の入口に籠箪笥のようなものが展示されているのですが、昔の人はそれを担いで山道を歩いたと思うと、どんだけ大変なんだと思いました!

    妻籠宿本陣は、間取り図をもとに復元された建物ですが、当時の豪壮さを見ることができます。

    木曽 福島 観光 モデル コース

    妻籠宿を歩くと国の重要伝統的建造物群保存地区なのがよくわかります。

    江戸時代にタイムスリップしたかのような風景が広がっています。

    木曽 福島 観光 モデル コース

    木曽 福島 観光 モデル コース

    木曽 福島 観光 モデル コース

    木曽 福島 観光 モデル コース

    【脇本陣奥谷・歴史資料館】
    3館共通券:700円
    ※脇本陣奥谷・歴史資料館・妻籠宿本陣の3館全て入場できます。
    開館時間:午前9時から午後5時

    【妻籠宿本陣】
    開館時間:午前9時から午後5時

  • 妻籠宿でお蕎麦と食べる

    妻籠宿に着いたら、お腹ペコペコです。

    歩いて汗をたくさんかいた後は、やっぱり冷たいお蕎麦が食べたくなります。
    ※旅行中にお蕎麦食べるの何回目という疑問は考えないようにしましょう。

    ざるそばと現地のご当地グルメの五平餅も食べてみましょう!

    木曽 福島 観光 モデル コース

    妻籠宿のおすすめのお蕎麦屋さんはこちらです。

    【御食事処 音吉】
    営業時間:平日午前11時から午後2時、週末:午前11時から午後3時
    定休日:火曜日
    ※火曜日祝日の場合は水曜日が振替でお休み
    ※妻籠宿のメインエリアに入る手前にあります。

    【里久】
    営業時間:午前9時から午後4時30分
    定休日:金曜日

  • バスで南木曽駅へ

    妻籠宿から木曽福島へ戻るには2つのパターンがあります。

    1. バスで南木曽駅まで戻る
    2. 中山道を歩いて南木曽駅まで戻る

    もし歩き疲れた場合はバスで南木曽駅まで戻りましょう。

    木曽 福島 観光 モデル コース

    地域バス・南木曽駅行き
    妻籠発14時09分 南木曽駅着14時18分
    妻籠発15時26分 南木曽駅着15時35分
    妻籠発16時04分 南木曽駅着16時14分

    ※妻籠宿のバス停は町営第一駐車場内にあります。

    もしまだ時間にも余裕があって南木曽駅まで歩きたい場合は中山道ウォークを続けましょう。

    妻籠宿から南木曽駅までは3.5キロ程あります。

    その途中には絶景が見れる妻籠城跡木曽義仲のかぶと観音袖振りの松があり、全部見る価値ありです!

    木曽 福島 観光 モデル コース

  • 南木曽駅から電車で木曽福島へ

    木曽 福島 観光 モデル コース

    南木曽駅からは電車で木曽福島へ戻ります。

    普通電車で約45分、特急ワイドビューしなのを使えば約25分で着きます。

    宿泊先の旅館で夕食が付いている場合は、夕食時間に遅れないようにしましょう。

    宿泊先に夕食が付いていない場合は、木曽福島の地元の居酒屋でご当地グルメを食べましょう!

  • 旅館でゆっくりする

    一日歩き回った後は足もパンパンだと思うので、ゆっくり温泉に入って疲れをとりましょう!

木曽福島観光モデルコース3日目

木曽福島観光モデルコース
3日目
  • 旅館で朝食を食べる

    旅館で朝食を食べたら、チェックアウトの手続きをしましょう。

  • 新宿駅から特急あずさ5号で松本へ

    新宿駅から特急ワイドビューしなの5号に乗車。
    木曽福島駅発10時25分 塩尻駅着10時53分

    塩尻駅で特急あずさ22号に乗り換え。
    塩尻駅発11時18分 新宿駅着13時42分

    もし1日目に松本市内観光をしていない場合は、3日目の帰りに組み込みましょう。

木曽福島観光モデルコースの旅行費用はいくらくらい?

今回の木曽福島観光のモデルコースの旅行費用の概算額を紹介します。

【1日目】
特急あずさ
(新宿から松本)
※指定席
6,620円
松本周遊バス「タウンスニーカー」
(JR松本駅から旧開智学校)
200円
旧開智学校:入館料400円
松本城:観覧料700円
特急ワイドビューしなの
(松本から木曽福島)
※指定席
2,920円
福島関所跡:利用料300円
山村代官屋敷:利用料300円
信州プリン工房・城プリン400円
そばきり・みよ田・松本店:天ざる1,430円
かねまるパン店:牛乳パン200円
だんぢり:そばサラダ2,080円
コインロッカー代(松本駅)400円
山みず季URARAつたや
※和室/朝食のみ
9,450円
1日目合計金額25,400円
【2日目】
特急ワイドビューしなの
(木曽福島から中津川)
※指定席
2,920円
バス(中津川駅から馬籠宿)570円
藤村記念館:入館料500円
完歩証明書300円
脇本陣奥谷・歴史資料館
妻籠宿本陣の3館共通券
700円
妻籠宿でのランチ1,500円
バス(妻籠宿から南木曽駅)300円
普通電車
(木曽福島から南木曽)
590円
木曽福島での夕食2,000円
山みず季URARAつたや
※和室/朝食のみ
9,450円
2日目合計金額18,830円
【3日目】
特急ワイドビューしなの
(木曽福島から塩尻)
※指定席
2,260円
特急あずさ
(塩尻から新宿)
※指定席
6,620円
3日目合計金額8,880円

3日間の合計金額は53,110円となります。

僕の場合は、山みず季URARAつたやの客室が一番安い客室で朝食のみのプランだったので、もし改装後の和洋室で朝食と夕食の両方が付いている宿泊プランの場合、1泊あたり15,000円前後プラスになると思います。

以上となります。

木曽福島を観光するなら、この2泊3日のコースが一番内容が濃くて自然歴史の両方を満喫できます。

また、松本市内観光を立ち寄りプランとして組み込めるのも旅行をさらに楽しくさせてくれます。

もし名古屋方面からくる場合は帰りに中津川の自然景勝地に立ち寄ってもいいと思います。

それでは、良い一日を!