モルディブのハネムーン旅行は一括見積もりが便利!そのメリットは?

モルディブのハネムーン旅行は一括見積もりが便利!そのメリットは?海外旅行

ハネムーン旅行はモルディブに行きたいけど、たくさん旅行会社があるし、パッケージツアーのプランも種類が豊富。。。どれを選んだらいいかわからない。。。自分の希望に対して複数の旅行会社からプランを提案してもらえないだろうか。。。。

この記事は、そんな疑問に答えます。

✔ 本記事の内容

  • モルディブハネムーン旅行は一括見積もり依頼がお勧めの理由とは?
  • モルディブハネムーン旅行は個人手配?旅行会社手配?
  • モルディブハネムーン旅行を旅行会社手配にした場合のメリット
  • モルディブハネムーン旅行の航空会社の選び方
  • モルディブハネムーン旅行のホテルの選び方
  • モルディブハネムーン旅行の食事プランの選び方
  • モルディブハネムーン旅行の意外なポイント
  • モルディブハネムーン旅行は一括見積もり依頼がお勧め

こんにちは、ツバサです。

僕自身、旅行業界で長い間働いてきた中で、新入社員の時から覚えるのが苦手だった旅行先が「モルディブ」です。モルディブといえば、1島1リゾートで有名で新婚旅行に人気のリゾート地です。一生に一度は行ってみたい天国のような国です。

しかし!1島1リゾートが全て同じに見えてしまい、なかなかホテルを覚えることができませんでした。そのため、モルディブ旅行を検討している人達もたくさんのホテルから選べないだろうなとよく思っていました。モルディブのような旅行先は、実際に一度行ってみないとわからないなと痛感しました。

この記事では、旅行業界出身者だからこそ教える「モルディブハネムーン旅行は一括見積もり依頼がお勧め」を詳しく解説したいと思います。

モルディブのホテル選びに迷った場合のおすすめツール
・モルディブ専門店へ無料一括見積もりが可能な「タウンライフ旅さがし

関連記事

モルディブハネムーン&新婚旅行&一人旅&女子旅完全ガイド
モルディブのハネムーンや新婚旅行、一人旅、女子旅の前に現地情報を知りたいですか?この記事では、モルディブのホテルやオールインクルーシブなどの現地情報について詳しく解説しています!モルディブ旅行を考えている人は必見です。
スポンサーリンク

モルディブハネムーン旅行は一括見積もり依頼がお勧めの理由とは?

モルディブハネムーン旅行は一括見積もり依頼がお勧めの主な理由は次の通りです。

  • 現在、日本で販売されているパッケージツアーではモルディブのホテルが100軒以上取り扱われており、ホテル選びが超難関!
  • 100軒以上のホテルをパンフレットで見ていると大混乱!
  • モルディブのイメージは「水上コテージ」「オールインクルーシブ」ばかりで他にもポイントが実はたくさんある!
  • 旅行会社のスタッフによってはモルディブへ視察に行ったことがないため、モルディブのプロに相談したい!
  • ホテル選びは旅行のプロや視察済みのスタッフに聞くべき!
  • オールインクルーシブよりもハーフボードプランの方が実はオンリーワンの旅行を作りやすい!
  • ロマンティックディナーなどの特別アレンジを実はある!

このようにモルディブの旅行の取扱いは旅行会社にとっても難しく、適切な旅行代理店の適切なスタッフに相談しないと「水上コテージ」と「オールインクルーシブ」プランのみを勧められてしまいます。

最近、日本では「モルディブ=水上コテージ、オールインクルーシブ」のイメージが強すぎますが、ハーフボードで食事をアレンジして、ロマンティックディナーなどの特別な食事プランを組み込んだり、食事が全食アラカルトのホテルがあったり、水上コテージとビーチコテージの分泊ができたり、ハネムーン特典が充実しているホテルがあったりと、中国人が多いホテルがあったりと、実はモルディブにはたくさんのポイントがあります。

そういうたくさんのポイントをしっかりと確認するには複数の旅行代理店に確認した方がよいでしょう。例えば、セカンドオピニオンを聞くといったイメージです。

モルディブ旅行はとても高額なため、絶対に失敗できない旅行です。そのため、一括見積もりがとても効果的です!

モルディブハネムーン旅行は個人手配?旅行会社手配?

近年、海外旅行の手配方法について、一部の海外旅行慣れをした年齢層については個人で手配することが多くなってきました。特に40代、50代の人達は個人手配が多いです。

それでも、ハネムーンや新婚旅行については20代や30代が多く、その年代は旅行会社を利用する人がまだまだ多いです。

モルディブという旅行先の場合、旅行会社が現地でケアをする部分が他国と比べても非常に少なく、個人手配でも旅行が簡単にできてしまいます。

  • 国際線到着出口から船着き場の移動:ホテルケア
  • 国際線到着出口からフルレホテル(空港近くのホテル)の移動:旅行会社ケア
  • 国際線到着出口から国内線ターミナルの移動:旅行会社ケア
  • 国際線到着出口から水上飛行機乗り場の移動:旅行会社ケア
  • 国際線到着出口からマーレ市内ホテルの移動:旅行会社ケア
  • ホテルまでのボート移動:ホテルケア
  • 国内線移動後からホテルまでの移動:ホテルケア
  • ホテルまでの水上飛行機移動:ホテルケア

つまり、旅行会社が現地でケアをする部分というのは空港周辺のみということになります。

それを考えると、モルディブは1島1リゾートのホテルまでの実際の移動がホテルケアとなるため、個人手配で旅行が簡単にできる旅行先です。

モルディブハネムーン旅行を旅行会社手配にした場合のメリット

モルディブハネムーン旅行を旅行会社手配にした場合のメリット

モルディブは、個人手配でも簡単に旅行ができる旅行先のため、旅行会社を使わなくてもいいや!と思いがちですが、実はそうでもないのです。

モルディブのハネムーン旅行は、旅行会社を通して手配をした方がたくさんメリットがあります。

  1. 旅行会社用のホテル料金は安い
  2. ホテルは旅行会社のツアー用に特典を出している
  3. ホテル滞在時のトラブル対応をしてくれる
  4. 天候不良時の移動についてケアをしてくれる

関連記事

【旅行会社社員が教える】旅行会社利用のメリット&デメリット
海外旅行をする際の旅行会社を利用するメリットやデメリットを知りたいですか?旅行会社利用では実はこんなにメリットがあったんだと気付くかもしれません。旅行会社社員が教える旅行会社利用のメリット&デメリットを詳しく解説します!

旅行会社用のホテル料金は安い

旅行会社は各ホテルと契約をしており、パッケージツアー用の客室料金をホテルから仕入れています。そして、その客室料金を使ってパッケージツアーを造成しています。

そのパッケージツアー用のホテルの客室料金は、非常に安いです。モルディブのような客室単価が高いホテルについては、特に料金の面でメリットがあります。

また、そのパッケージツアー用の客室料金はサービスチャージ税金が含まれており、ゲストがホテル滞在の際に別途支払うことはありません。(グリーンタックスのみ現地で支払うことがあります)

ただし、そのパッケージツアー用の客室料金には条件があり、例えば、客室単体では販売ができず、必ず航空券などを組み合わせたパッケージツアーにて販売をしなければなりません。

一方で個人手配をした場合、例えばエクスペディアアゴダホテルズドットコムなどで料金を調べてみると、直前の叩き売りで安くなっている場合はありますが、基本的にはとても客室料金が高く、サービスチャージや税金は現地払いの時がほとんどです。サービスチャージや税金は数万円必要となります。

ホテルは旅行会社のツアー用に特典を出している

各ホテルは旅行会社に販促をしてもらうために、ツアー特典にとても協力しています。特にモルディブのような高単価の旅行先については、食事スパアクティビティなど様々な特典があります。

また、ハネムーン特典について、ホテルに直接予約をすると入籍後6か月以内の宿泊しかハネムーン特典を受けれない場合でも、パッケージツアー利用の場合はハネムーン特典を入籍後1年以内の宿泊まで受けることができるなどのメリットもあります。

旅費の安い旅行先、例えばバンコクやマニラ、香港などはホテルに関するツアー特典はほとんどありません。特典があったとしても、レイトチェックアウトくらいでしょうか。モルディブの旅行商品と比べると差は一目瞭然です。

モルディブのツアー特典は様々です。旅行会社のパンフレットを見てみると、所狭しと特典内容の記載がされています。

注意深く特典を見ていると次のようなことがわかります。

  • 同じホテルでも旅行会社が異なると特典も異なる
  • 旅行会社側がプログラムに応じて特典を付けている

同じホテルでも旅行会社が異なると特典も異なる

例えば、ホテルAが旅行会社にツアー特典を出したとします。しかし、旅行会社ごとにツアー特典内容が異なるケースがあります。例えば、次のようなイメージです。

【ホテルAを利用したパッケージツアープログラム】
旅行会社B:60分スパ1回の特典付き
旅行会社C:ロマンティックディナー1回の特典付き
旅行会社D:サンセットクルーズ1回の特典付き

このように旅行会社同士が同じ内容にならないように差別化した特典を出すことがあります。これを「エクスクルーシブオファー」と言います。

エクスクルーシブオファーとは?
ホテルから旅行会社へ販売促進のための特典を提供し、旅行会社同士が同じ特典にならないようにするための特典のこと。つまり、その特典は1社独占ということになる。

旅行会社側がプログラムに応じて特典を付けている

旅行会社側が各ホテルから同じような特典を得て、1つのプログラムにしていることもあります。

例えば、旅行会社最大手のJTBです。

JTBの一部ツアープログラムでは、「各ホテル300ドルのルームクレジット付き」という特典付きのパッケージツアーが実際にあります。これはJTBが各ホテルから同じ特典を仕入れているということになります。

このようにツアープログラムに応じてホテル特典が付いている場合もあります。

ホテル滞在時のトラブル対応をしてくれる

モルディブといえば、1島1リゾートです。ホテルでの滞在がスタートしたら、その小さな島に滞在することになります。滞在中は基本的に自分のことは自分で対応しなければなりません。

モルディブのホテル滞在中によくあるトラブルは次のようなことです。

  • お湯が出ない
  • 電話の掛け方がわからない
  • 水上ヴィラのロケーションが良くない
  • お腹を壊すなどの体調不良
  • チェックアウトの際の支払い

ホテルに日本人スタッフや日本語を話す現地スタッフが常駐していればよいですが、モルディブのホテルはまだまだ日本語対応のできないホテルがたくさんあります。

そのため、トラブル時に電話での遠隔操作であっても、旅行会社が対応してくれるだけで非常に助かります。特に体調を壊した場合には日本語対応してくれるという安心感はとても大きいです。

天候不良時の移動についてケアをしてくれる

モルディブ旅行で一番大きなトラブルになるのが天候不良の時です。

モルディブはホテルへの移動手段がボート国内線水上飛行機のいずれかとなっています。まさに天候に左右されやすいものばかりです。特に天候不良により水上飛行機が飛ばないということは多々あります。

水上飛行機が飛ばないとどうなるかというと、「ホテルまで行けない」、あるいは空港まで行けないため「帰国便の国際線に乗れない」ということになります。

ホテルまで行けない」とどうなるかというと、マーレ市内で1泊せざるを得ません。

帰国便の国際線に乗れない」とどうなるかというと、基本的には国際線の航空券を買い直しとなります。天候不良は天災に当たるため、航空会社やホテル、旅行会社の免責事項となり、旅程の変更に関わる追加のホテル代金や航空券代金は実費負担となります。

このような時に旅行会社手配であれば、ホテルと連絡をして、いつ水上飛行機が飛びそうかなどの情報をチェックしてくれたり、航空会社に対して国際線の航空券の日付変更をダメもとで交渉してくれたりします。また、空港のある島に戻ってきたとしても国際線が飛ばなければ、マーレ市内のホテルの手配代行をしてくれたりもします。

これらの交渉を自分でするとなると、とても大変ですし、英語力も必要です。

  • 旅行会社が水上飛行機の運行状況について調べてくれる
  • 旅行会社が国際線の日付変更の交渉をしてくれる
  • 旅行会社がマーレ市内のホテル手配代行をしてくれる

このように旅行会社を通して手配をすることで、料金面、特典面、トラブル面の全てに対してメリットがあることがわかります。

モルディブハネムーン旅行の航空会社の選び方

モルディブハネムーン旅行の航空会社の選び方

モルディブにハネムーン旅行をする場合、まずは日本からの飛行機を選ばなければなりません。

現在は航空会社4社がメインとなります。

  • スリランカ航空
  • シンガポール航空
  • エミレーツ航空
  • タイ国際航空

それぞれの特徴は以下の通りです。

スリランカ航空

飛行ルート:日本 ⇒ スリランカ(コロンボ乗り継ぎ) ⇒ モルディブ

スリランカ航空利用の場合のポイント

  • 最短時間でモルディブに行くことができる
  • スリランカに立ち寄れば、シギリヤロックなど世界遺産観光も可能

シンガポール航空

飛行ルート:日本 ⇒ シンガポール ⇒ モルディブ

シンガポール航空利用の場合のポイント

  • 世界屈指の人気の航空会社
  • シンガポールに立ち寄れば、話題のマリーナベイサンズに宿泊も可能

エミレーツ航空

飛行ルート:日本 ⇒ ドバイ ⇒ モルディブ

エミレーツ航空利用の場合のポイント

  • ビーチ&砂漠の周遊プランが可能
  • ドバイに立ち寄れば、世界一の高さを誇るバージュカリファに行くことも可能

タイ国際航空

飛行ルート:日本 ⇒ タイ(バンコク) ⇒ モルディブ
※バンコク以遠のフライトはバンコクエアウェイズとなります。

タイ国際航空利用の場合のポイント

  • 羽田発深夜便利用により、翌日のお昼にモルディブに到着できる
  • バンコクに立ち寄れば、お土産などのショッピングが可能

以前はマレーシア航空もモルディブまで飛んでいましたが、現在はフライトがありません。また、LCC(格安航空会社)ということであれば、エアアジアのフライトがクアラルンプールからモルディブまで飛んでいます。

エミレーツ航空利用の場合、一度モルディブを通り超えてドバイまで行き、フライトを乗り継いでモルディブまで戻ってこないといけないため、個人的には「疲れるな~」と思ってしまいます。

前回モルディブに仕事で行った際は、初めてタイ国際航空を利用しました。羽田発着という利便性が良いため利用したのですが、バンコクからモルディブ間のフライトがバンコクエアウェイズの機材となるため、パーソナルモニターのない座席になってしまいます。。。。。フライト時間は4時間。。。。。寝るしかないです!それでも、バンコクの空港でバンコクエアウェイズのラウンジが使えたり、お昼前にモルディブに到着するため、到着前の上空の機内からはモルディブの環礁をみることができます。

その他には香港乗り継ぎのキャセイパシフィック航空や香港航空、バンコク乗り継ぎの日本航空などもあります。

モルディブハネムーン旅行のホテルの選び方

モルディブハネムーン旅行のホテルの選び方

モルディブのハネムーン旅行で一番大切なことがホテル選びです。

今現在、日本のパッケージツアーで使われているモルディブのホテルは約100軒あります。本当に多いですよね。どれを選んだらいいかわからないというのが正直なところです。

もちろん、モルディブには日本でツアー販売されていないホテルもたくさんあります。そして、毎年新しいホテルが建設されており、ホテルの数は増えています。

もし僕がモルディブ旅行をする場合は、ホテル選びのポイントは次の通りです。

  • 食事が全てアラカルト
  • 島が小さすぎないこと
  • 遠浅のビーチがあること
  • ボート移動で行くことができる

ポイントが少ない!!!」と思うかもしれませんが、これだけです。

一般的には、「水上ヴィラがあること」「オールインクルーシブプランがあること」「ガラス床があること」「水上ヴィラから直接海にエントリーできること」などのポイントがあると思われます。

僕がこの4つのポイントにこだわる理由は次の通りです。

食事が全てアラカルト

最近のモルディブのホテルでは「ビュッフェ」形式の食事がとても多くなってきました。これも効率を重視しているのか、あるいは中国人が多い影響でしょうか、ビュッフェのあるホテル=中国人が多いというイメージです。

旅費の高いモルディブ旅行をするなら、特にハネムーン旅行でモルディブに行くなら、大勢で食べるビュッフェには抵抗があります。食べ散らかしているというか、そういったものをモルディブでは食べたくないというか。。。何というか。。。。

そのため、メニューから1品1品選べるアカラルトの食事を重視します。

ツアー特典でディナー1回付きなどがよくありますが、そういったディナーはセットディナーが多いです。セットディナーは前菜、メイン、デザートなどの3コースディナー4コースディナーが多いです。

島が小さすぎないこと

モルディブの1島1リゾートの島の大きさは様々です。

1周歩いて5分くらいの島もあれば、15分や20分かかる島もあります。個人的には島が小さすぎると少し窮屈感を感じてしまうため、比較的大きい方が安心します。

また、島が小さいと他の宿泊客との距離感が近いと感じてしまうため、比較的大きめの島を選ぶようにしています。

遠浅のビーチがあること

個人的にターコイズブルーの遠浅の海がとても好きなため、そういったビーチがある島が好みです。滞在中はシュノーケルは1回か2回できれば十分で、どちらかというとプールに入りながらターコイズブルーの海を眺めていれれば満足です。

人によっては珊瑚がたくさんあって、ハウスリーフが充実しているところがいいとか、ドロップオフが近いところがいいとかあるかもしれません。

ボート移動で行くことができる

モルディブに何度か行ってみて最終的に思ったことは、空港の島からボート移動で行けるホテルが良いということでした。

これは、天候不良などを想定したリスク管理の意味もあります。

ボート移動に関しては基本的に24時間のボート運航が可能です。その点、水上飛行機や国内線については日没後や深夜の時間帯は運航がありません。

帰国便の国際線に絶対に乗る」ということを絶対に死守したいため、一番リスクの低いボート移動で行けるホテルを選んでいます。

このように人それぞれポイントが異なってくると思います。一度自分のポイントを箇条書きにして、旅行会社に希望を伝えてみることをお勧めします。

モルディブハネムーン旅行の食事プランの選び方

モルディブハネムーン旅行の食事プランの選び方

モルディブのハネムーン旅行でホテル選びの次に迷うのが食事プランです。

食事プランには朝食付きプラン以外に主に3つのプランがあります。

ハーフボード
ハーフボードとは、朝食と昼食、または朝食と夕食の1日2食分の食事が含まれているプラン
フルボード
フルボードとは、朝食、昼食、夕食の1日3食分の食事が含まれているプラン
オールインクルーシブ
オールインクルーシブとは、食事、ドリンク、アクティビティなどが全て含まれているプラン

日本人のモルディブ旅行で人気のあるプランは「オールインクルーシブ」のプランです。「滞在中はお財布いらず」というのが実現できます。

モルディブに実際に行ってみて、どんな人がどのプランに合うのかをいろいろ考えましたが、次のようなポイントです。

たくさん食事を食べる人オールインクルーシブ、またはフルボード
お酒をたくさん飲む人オールインクルーシブ
1回の食事でたくさん食べることができない人ハーフボード、またはフルボード
アクティブに滞在したい人オールインクルーシブ
旅費を抑えたい人ハーフボード
現地でのんびりしたい人ハーフボード、またはフルボード

個人的には海外旅行中は朝食を食べ過ぎてしまう傾向があるため、昼食がほとんど食べれません。そのため、ハーフボードで十分です。

お酒をたくさん飲む人や3食しっかり食べる人はオールインクルーシブがおすすめです。

オールインクルーシブはホテルによって含まれるものが様々です。ドリンク飲み放題もあれば、シュノーケルツアーなどのアクティビティが含まれているものもあります。反対にオールインクルーシブのプランでもアクティビティが含まれていないものもあります。その点、確認および注意が必要です。

また、食事についてはアラカルトの食事プランのホテルがお勧めです。メニューから1品1品選べるアカラルトの食事はモルディブにピッタリです。ビュッフェは安上がりなイメージしかありません。

モルディブハネムーン旅行の意外なポイント

モルディブハネムーン旅行の意外なポイント

モルディブのハネムーン旅行で必ずポイントにしておきたいことは、ツアーの「ハネムーン特典」の内容です。

モルディブ旅行のパンフレットを見ていると、お客様によってはオールインクルーシブの内容ばかりに目を向けがちで、意外とハネムーン特典をしっかり見ていない方が多いです。

最近ではハネムーン特典が充実しているリゾートもたくさんあります。例えば、具体的なリゾートで例を挙げてみましょう。

【タージエキゾティカリゾート&スパ】
~ハネムーン特典~ ※12か月以内に入籍された方が対象
・ロマンティックバスデコレーション
・サンセットクルーズ60分
・ビーチにてロマンティックディナー1回
・メモリアルフォトツアー(20枚の画像データをプレゼント)
・カップルマッサージ45分

上記のハネムーン特典は、ディナーもスパもサンセットクルーズもメモリアルフォトツアーも付くという至れり尽くせりのハネムーン特典です。

もちろん各ホテルには無料参加ができるアクティビティもあるため、それを加えると、ホテル滞在中のアクティビティはすでに充実しており、あえてオールインクルーシブのプランにしなくてもよく、さらに旅費を抑えることができるのもポイントとなります。

ハネムーン特典の充実しているホテルを選ぶということは大きなポイントになります。

モルディブハネムーン旅行は一括見積もり依頼がお勧め

これまでたくさんのポイントを見てきましたが、まずやるべきことはモルディブのハネムーン旅行の際、どんなポイントを重視したいかを箇条書きするということです。

例えば、

  • 予算は1人40万円まで
  • 水上ヴィラからは海の地平線のみが見える
  • 水上ヴィラからは直接海に入ることができる
  • 食事はアラカルト
  • ハネムーン特典が充実
  • 島が比較的大きめ
  • 遠浅の綺麗なビーチがある

それを複数の旅行会社に伝えて、見積もりを取ってもらったり、希望に合ったパッケージツアーを紹介してもらうことで比較検討ができます。もし自分で全て商品をチェックして選ぶとなったら、膨大な時間を費やします。

また、1社1社に連絡をするのは大変なため、タウンライフが運営する旅行サイト「旅さがし」の無料一括見積もりサービスが非常に便利です。これは問い合わせフォームに1回入力するだけで最大5社にその内容が届き、無料で見積もりをしてもらえるということです。

無料一括見積もりサービスがおすすめな人は次のような人です。

  • ホテル選びで困っている人
  • ホテルごとの水上コテージの違いを知りたい人
  • ホテルごとのハウスリーフやシュノーケルについて知りたい人
  • ホテルでの食事について確認したい人
  • 日本人スタッフや日本語スタッフの有無を確認したい人
  • ホテル滞在中に特別なランチやディナーを組み込みたい人
  • 事前にホテルスパを予約したい人
  • モルディブともう1ヶ国の周遊プランを考えている人
  • 実際にモルディブに行った人にアドバイスをもらいたい人
  • 2~3つのホテルまで絞れたけど、最後の一押しをしてもらいたい人
  • 旅行会社のパンフレットを見て情報が多すぎてパニックになっている人

現在、タウンライフの「旅さがし」ではモルディブを取り扱う旅行会社10社の掲載がありますが、一括見積もりは最大5社に対して依頼をすることが可能です。

個人的に一括見積もりをするなら、10社の中から選ぶ5社は次の5社です。

・オーダーメイド旅行会社 ティースタイル
・モルディブ専門会社 グルービーツアー
・モルディブ旅行専門 フォーティーナインリゾーツ
・エスティ―ワールド ムーンシェル 東京サロン
・株式会社クオリタ

オーダーメイド旅行会社のティースタイルは、担当者とお客様の距離感がとても近く、旅行出発前までの信頼関係構築がとても素晴らしいです。お客様の希望の聞き取りをしっかりしている旅行会社です。

モルディブ専門会社のグルービーツアーは、少数精鋭で現地視察もしており、綺麗なウェブサイトが印象的です。関連会社がモルディブのホテルの日本地区総代理店をしているなど、信頼のおける旅行会社です。

モルディブ旅行専門のフォーティーナインリゾーツは、こちらも少数精鋭で知識も豊富なスタッフばかりの旅行会社です。大手旅行会社の販売スタッフにはない知識をたくさん持っており、ハネムーン向けの旅行先の取扱いが多いです。

エスティ―ワールド・ムーンシェル・東京サロンは、エスティ―ワールド自体がモルディブに強く、現地支店もある旅行会社です。取り扱いホテルも多く、ツアー代金もリーズナブルです。

株式会社クオリタはHISの関連会社となりますが、クオリタブランドのみが使えるホテル特典を持っています。

このように旅行会社にもそれぞれ特徴があるため、一括見積もり依頼をしてみるといろいろなプランを提案してくれるため、ホテル選びや食事のプラン選びなどにも非常に役立ちます。その後、料金の相場の検討が付くため、どのホテルにするのか、どの食事プランにするのかを決定していけばよいと思います。

タウンライフ「旅さがし」の無料一括見積もりサービスこちらから。

関連記事

「タウンライフ・旅探し」って何?モルディブ旅行には必須の無料一括見積もり
タウンライフの旅さがしについて詳しく知りたいですか?この記事では、モルディブ旅行を検討する際に必須アイテムでもあるタウンライフの旅さがしについて詳しく解説します。モルディブのホテルで迷っている人や専門店に話を聞きたい人におすすめです。

以上となります。

モルディブのハネムーン旅行は一生に一度の大切な旅行です。旅行の内容をしっかりと考えて、自分の希望に合ったパッケージツアー探しが重要です。

パンフレットをずっと眺めていても、「ホテルの数が多い~」となってしまうので、無料の一括見積もりサービスを使って、きっかけを作りましょう。

それでは、良い1日を!