【ボラカイ島】現地係員が教えるベストシーズンは?ビーチ画像あり!

【ボラカイ島】現地係員が教えるベストシーズンは?ビーチ画像あり! 海外旅行

世界のベストアイランドともいわれているフィリピンのボラカイ島に行きたいけど、いつがベストシーズンなんだろう。。。あの遠浅の綺麗なビーチが見たいな。。。

この記事は、そんな疑問に答えます。

✔ 本記事の内容

  • ボラカイ島のベストシーズンはいつ?
  • ボラカイ島の乾期の特徴
  • ボラカイ島の雨期の特徴
  • ボラカイ島の1月の天気
  • ボラカイ島の2月の天気
  • ボラカイ島の3月の天気
  • ボラカイ島の4月の天気
  • ボラカイ島の5月の天気
  • ボラカイ島の6月の天気
  • ボラカイ島の7月の天気
  • ボラカイ島の8月の天気
  • ボラカイ島の9月の天気
  • ボラカイ島の10月の天気
  • ボラカイ島の11月の天気
  • ボラカイ島の12月の天気

こんにちは、ツバサです。

僕自身、フィリピンで旅行会社に勤務していた際、ボラカイ島には30回以上は足を運んでいます。1泊2日の弾丸旅行から3週間ほどのロングステイまで様々です。

ボラカイ島は乾期のシーズンと雨期のシーズンでは海の状況も全く異なるため、いつも写真で見るようなターコイズブルーの遠浅の海はいつ見れるの?と思うかもしれません。また、フィリピンと言えば台風!それも気を付けなければなりません。

この記事では、現地係員の経験からボラカイ島のベストシーズンをご紹介します!

スポンサーリンク

ボラカイ島のベストシーズンはいつ?

一般的なガイドブックなどを見ると、ボラカイ島のベストシーズンや乾期/雨期のシーズンに関して、

  • ボラカイ島のベストシーズン:2月から5月
  • ボラカイ島の乾期:11月又は12月から5月
  • ボラカイ島の雨期:6月から10月又は11月

と書いていることが多いです。はい、確かに正解です。

もし現地係員の僕がボラカイ島のベストシーズンはいつ?と質問を受けたら、上記の期間にプラスして、次のことも追加します。

  • 現地係員が思うボラカイ島のベストシーズン:上記以外に11月も!

と答えます。

年内までは台風の可能性がありますが、11月は雨期から乾期に変わるシーズンで気温や海水温も下がりきっていないため、お勧めの旅行シーズンです。11月1日と11月2日のフィリピンの祝日絡みの日程はホテルも混雑しますが、11月から12月上旬までは基本的に閑散期となり、航空券やホテル共にリーズナブルな価格で購入することが可能です!

そのため、現地に住んでいる駐在員などは11月に旅行をする人が多いです。日本の勤労感謝の日(11月23日)を利用したボラカイ旅行は良いタイミングかもしれません。

12月、1月は海水温が低いため、海に入ると「冷たい!」って思うかもしれません。フィリピンは常夏の国ですが、12月や1月はやっぱりフィリピンでも冬の季節になります。

僕も長い間フィリピンに住んでいましたが、12月から1月は肌寒く感じることがありました。それでも12月や1月は天候も良い日が多く、雨も少ないため、旅行シーズンであることには間違いありません。

ボラカイ島 ベストシーズン 11月
11月のボラカイ島(ホワイトビーチ)
【11月をお勧めする理由】
・乾期に変わっていくシーズンで気温や海水温も比較的高いまま
・閑散期のシーズンとなり、航空券もホテルもリーズナブルな価格
・台風の可能性が残るシーズンだが晴れれば最高

それでは、乾期と雨期の特徴をそれぞれ見ていきましょう。

ボラカイ島の乾期の特徴

乾期の天候の特徴

乾期のシーズン(11月から5月)は、ボラカイ島の北東側(ホワイトビーチとは逆側のビーチ)から風が吹くため、ホワイトビーチ側の海はとても穏やかです。ガイドブックなどでよく見るボラカイ島の遠浅のビーチの写真は乾期のシーズンの写真となります。

ボラカイ島に吹く風のイメージは次の画像の通りです。ホワイトビーチの逆側から風が吹いているため、ホワイトビーチ側の海に波が立ちにくいということになります。

ボラカイ島の乾期の天候の特徴

10月下旬頃から2月頃までに吹く上記のような北東からの風のことを「Amihan(アミハン)」といいます。

気温に関しては、3月頃から気温が高くなり始め、4月と5月はフィリピン国内で一番暑いと言われている月です。そのため、日本のゴールデンウィーク期間に当たる日はフィリピンでは気温がとても高く、「フィリピンの真夏」を体験することができます。(熱中症に注意)

乾期の間でも雨は降りますが、2月は年間を通して一番雨が少ない月となります。11月、12月、5月は1月から4月に比べて降水量が高くはなりますが、日本(東京)の3月や11月と同じようなイメージで雨自体は少ないです。

ボラカイ島の雨期の特徴

ボラカイ島の雨期の天候の特徴

雨期のシーズン(6月から10月)は、ボラカイ島の南西側(ホワイトビーチ側)から風が吹くため、ホワイトビーチ側の海は波が立ち、荒れてしまいます。6月から9月頃にかけて南西から吹き込む季節風のことをフィリピンでは「Habagat(ハバガット)」と言います。

雨も多くなるため、遊泳をする人はあまり多くありません。(晴れていて風が穏やかであれば、海に入れる日ももちろんあります)以前はスコールような雨が多かったですが、最近では日本の梅雨のようにシトシト長続きする雨がよく降るようになりました。これも温暖化の影響でしょうか。

ボラカイ島に吹く風のイメージは次の画像の通りです。ホワイトビーチに向かって風が吹きつけてきます。

ボラカイ島の雨期の天候の特徴

この雨期の間は風の影響もあり、ホワイトビーチ側にあるホテルやレストランなどは「ウィンドブレイク」という風よけをビーチ側の入り口などに立てかけます。

ボラカイ島 ウィンドブレイク
ボラカイ島のウィンドブレイク

台風シーズン(特に7月&8月)の対策

フィリピンと言えば、台風が発生するエリアに近く、特に夏場は多く発生します。台風は海外旅行にとってまさに天敵です!特に日本の夏休みに当たる7月8月は要注意です。僕自身も7月や8月にボラカイ島に行き、台風による影響でボートが止まってしまい、島から出られなくなった経験があります。

台風が来てしまうとどんな影響があるかというと次の通りです。

  • 台風の影響により大雨が降り、道路が冠水する
  • 台風の影響により停電や断水が起こる
  • フィリピン気象庁(Pagasa)がシグナルを発令する
  • 航空会社がフライトの遅延や欠航を発表する
  • フィリピン海上保安庁がシグナルに応じてボートの運航停止命令を発令する
  • ボート運航停止により、ボラカイ島から空港のある島に行けなくなる(または空港のある島からボラカイ島へ行けなくなる)
「シグナル」とは?
フィリピン気象庁(Pagasa/パガサ)が発表する「シグナル」とは、日本でいう暴風警報のようなものです。シグナルは1から5まであり、それぞれの意味は次の通りです。

【シグナル1】
36時間以内に風速が毎時30~60キロメートル、波の高さは1.25~4メートルになることが予想される。
【シグナル2】
24時間以内に風速が毎時61~120キロメートル、波の高さは4.1~14メートルになることが予想される。沿岸では高潮の可能性あり。
【シグナル3】
18時間以内に風速が毎時121~170キロメートル、波の高さは14メートル以上になることが予想される。沿岸では高潮の可能性あり。
【シグナル4】
12時間以内に風速が毎時171~220キロメートル、波の高さは14メートル以上になることが予想される。沿岸では2~3メートルの高潮の可能性あり。
【シグナル5】
12時間以内に風速が毎時221キロメートル以上、波の高さは14メートル以上になることが予想される。沿岸では3メートル以上の高潮の可能性あり。

参考資料:フィリピン気象庁(Pagasa)

つまり、飛行機の遅延や欠航も大きなトラブルですが、ボラカイ旅行中の中で一番問題になることはボート運航がストップしてしまうということです。

例えば、ボラカイ島側にいてボート運航がストップした場合は、宿泊ホテルを延長しなければなりません。一番最悪なパターンはマニラやセブから飛行機でカティクラン空港まできたものの、カティクラン港からボラカイ島へ渡るボート運航がストップしてしまうというパターンです。

その場合は、カティクラン空港や港周辺にはゲストハウスレベルの宿泊施設が数軒しかないため、車で2時間程離れているカリボという町までホテルを探しに行くことになる可能性があります。

台風や熱帯低気圧が近づいてきた場合は、マニラやセブを出発する前にボラカイ側のボート運航の情報を入手し、ボート運航がストップしている場合はマニラやセブに留まって、天候の回復を待った方がよいです。

カティクランやカリボはともて田舎です。お店もほとんどありません。それを考えれば、マニラやセブにいた方が「待機」しやすいです。

【台風が近づいてきたら?】
~今からボラカイ島に向かう場合~
・旅行会社などを通してボラカイ側のボート運航の情報を確認する。
・台風が接近中であれば、マニラあるいはセブにて留まった方がよい。
・台風が遠ざかっている際中であれば、ボラカイ島を目指してもよい。

~すでにボラカイ島にいる場合~
・旅行代理店などを通してボート運航がされているかどうかを確認する。
・翌日が帰国日の場合でボート運航が止まりそうであれば島を脱出するべき。

基本的にはフィリピンの海上保安庁は、シグナル2でボート運航を停止する発令を出します。また、夕方18時頃がその日の最終の発令時刻となり、そこから翌朝の朝6時までは発令が解けない場合が多くあります。

※台風が接近中の場合は、シグナル1でもボート会社が自主判断でボート運航を停止する場合があります。

そのため、台風が接近中で翌日の早朝のフライトで帰国するなどの場合は、ホテルにギリギリまで滞在したい気持ちもわかりますが、ボート運航が停止する前に島を出た方がよい場合があります。ボートが止まっては空港すら行くことができなくなります。

また、台風による飛行機の遅延や欠航、又はボート運航の停止は天災に該当するため、航空会社やボート会社、そして旅行会社も含め免責事項に当たり、飛行機やホテルの延泊及び追加手配については全て自己負担となります。

関連記事

もしボラカイ島に台風が来たら?フィリピン旅行の対策とは?
ボラカイ島に旅行中に台風がやってきた場合の対応について知りたいですか?この記事では、ボラカイ島に台風が来た際に気を付けるべきことやトラブル事例について詳しく解説します。フィリピン旅行に影響の出やすい台風については対策をしっかりしましょう!

それでは、1月から12月のそれぞれの月の気温や降水量を見ていきましょう。気温や降水量のデータは、過去30年間の気候データを収集している「Meteoblue」を引用しています。

ボラカイ島の1月の天気

1月は年始を除けば、意外に穴場の旅行シーズンです。少し海の水温が冷たいので海に長時間入るのは難しいかもしれません。

中国の旧正月が1月に当たる場合は、旧正月期間は現地国内線代金やホテル代金が高騰します。

最高気温30度
平均最高気温27度
平均最低気温22度
最低気温20度
降水量47ミリ
晴れた日平均10.6日
晴れ時々曇りだった日平均14.1日
曇りだった日平均6.1日
雨が降った日平均11.4日
ボラカイ島 ベストシーズン 1月
1月のボラカイ島(ホワイトビーチ)

ボラカイ島の2月の天気

2月は中国の旧正月がなければ、雨が一番少ない月ということもあり、旅行には最適のシーズンです。

日本側が学生旅行などのシーズンということもあり、飛行機は早めに予約することをお勧めします。

最高気温31度
平均最高気温28度
平均最低気温22度
最低気温20度
降水量33ミリ
晴れた日平均12.4日
晴れ時々曇りだった日平均11日
曇りだった日平均4.9日
雨が降った日平均8.2日
ボラカイ島 ベストシーズン 2月
2月のボラカイ島(ホワイトビーチ)

ボラカイ島の3月の天気

3月は、日本が冬から春に季節変わりするように、フィリピンでも徐々に暖かくなっていきます。雨が降ることも少なく、旅行シーズンとしては最適です。

最高気温33度
平均最高気温30度
平均最低気温22度
最低気温20度
降水量39ミリ
晴れた日平均15.2日
晴れ時々曇りだった日平均12日
曇りだった日平均3.8日
雨が降った日平均9.3日
3月のボラカイ島(プカビーチ)

ボラカイ島の4月の天気

4月は5月と同じようにフィリピンで一番暑い時期です。どこにいても暑いです。4月はホーリーウィークがあるため(4月中旬)、その期間はホテル代金が上がるところが多いです。

日本側は4月末にゴールデンウィークがスタートするため、旅行需要も高い月です。

最高気温34度
平均最高気温32度
平均最低気温23度
最低気温21度
降水量48ミリ
晴れた日平均15.2日
晴れ時々曇りだった日平均12.5日
曇りだった日平均2.3日
雨が降った日平均9.7日

ボラカイ島の5月の天気

5月は4月に続き、フィリピンではとても暑い日々が続きます。5月1日はフィリピンの祝日に当たり(労働の日・Labor Day)、フィリピン人が一番旅行する時期になります。各地でイベントが開かれるなど、フィリピン人が一番熱くなる月です!

ボラカイ島では、5月から少しずつ風向きが変わり、下旬頃には雨が降る日が徐々に多くなってきます。

最高気温34度
平均最高気温32度
平均最低気温25度
最低気温23度
降水量98ミリ
晴れた日平均7.9日
晴れ時々曇りだった日平均14.9日
曇りだった日平均8.2日
雨が降った日平均19.1日
ボラカイ島 ベストシーズン 5月
5月のボラカイ島(ホワイトビーチ)

ボラカイ島の6月の天気

6月は雨期のスタートです。たくさん雨が降り、たまに台風もやってきます。

ボラカイ島のホテルはオフシーズンに入るため、ホテル代金がリーズナブルになり始めます。

最高気温34度
平均最高気温30度
平均最低気温25度
最低気温23度
降水量150ミリ
晴れた日平均1.4日
晴れ時々曇りだった日平均14.9日
曇りだった日平均13.7日
雨が降った日平均25.6日
ボラカイ島 ベストシーズン 6月
6月のボラカイ島(ホワイトビーチ)

ボラカイ島の7月の天気

7月は8月に次いで台風が多い月になります。この時期の旅行は雨が降るということを前提にして、割り切って旅行した方がよいです。4日間などの短期間の旅行では台風が直撃してしまうと全日程残念な結果になる可能性があります。

また、7月にボラカイ島に旅行する際は滞在中ずっと雨でお籠りステイになる可能性もあるため、ホテル選びはシャングリラボラカイリゾート&スパなどの大型で施設が充実しているホテルをお勧めします。

【ボラカイ島完全ガイド】シャングリラボラカイが選ばれる理由
ボラカイ島のシャングリラボラカイリゾート&スパの情報を探していますか?フィリピンでの駐在員をして、ボラカイ島に30回以上も行っているプロがシャングリラボラカイリゾート&スパの完全ガイドをご紹介します!これでボラカイ島の宿泊ホテルは決まり!
最高気温32度
平均最高気温29度
平均最低気温24度
最低気温23度
降水量169ミリ
晴れた日平均0.7日
晴れ時々曇りだった日平均12.7日
曇りだった日平均17.6日
雨が降った日平均27.4日

ボラカイ島の8月の天気

8月も7月に続き台風シーズン真っただ中です。日本が夏休みやお盆休みということもあり、たくさんフィリピンに旅行に来ますが、実は台風が多くボラカイ旅行には向いていないシーズンです。

8月は航空券代金も比較的高いため、ツアー代金が安いということはあまりありません。また、8月は韓国マーケットが動くシーズンでもあり、韓国人がたくさんフィリピンに旅行します。

また、8月にボラカイ島に旅行する際は、7月と同様に滞在中ずっと雨でお籠りステイになる可能性もあるため、ホテル選びはシャングリラボラカイリゾート&スパなどの大型で施設が充実しているホテルをお勧めします。

次の動画は日本人経営をしているサーフサイドリゾート&スパの投稿動画です。

最高気温32度
平均最高気温29度
平均最低気温24度
最低気温23度
降水量147ミリ
晴れた日平均1.2日
晴れ時々曇りだった日平均11.5日
曇りだった日平均18.3日
雨が降った日平均25.5日

ボラカイ島の9月の天気

9月はまだ雨期が続いている月です。雨も多く、台風もまだまだやってきます。

9月にボラカイ島に旅行する際は、7月や8月と同様に滞在中ずっと雨でお籠りステイになる可能性もあるため、ホテル選びはシャングリラボラカイリゾート&スパなどの大型で施設が充実しているホテルをお勧めします。

最高気温32度
平均最高気温29度
平均最低気温24度
最低気温23度
降水量163ミリ
晴れた日平均1.3日
晴れ時々曇りだった日平均12日
曇りだった日平均16.7日
雨が降った日平均25.5日
ボラカイ島 ベストシーズン 9月
9月のボラカイ島(ホワイトビーチ)

ボラカイ島の10月の天気

10月は雨期の最後の月です。10月が終われば、徐々に乾期にシフトしていきます。台風には引き続き注意しましょう。

最高気温32度
平均最高気温29度
平均最低気温24度
最低気温23度
降水量172ミリ
晴れた日平均2日
晴れ時々曇りだった日平均16.7日
曇りだった日平均12.3日
雨が降った日平均25.2日

ボラカイ島の11月の天気

11月は雨期から乾期に変わっていく月です。11月1日と11月2日はフィリピンの祝日に当たるため、10月末から11月頭にかけて旅行をする人が多いです。

台風が稀にやってくることがありますが、フィリピン駐在員はこの時期のリーズナブルな旅行を狙っています!

最高気温31度
平均最高気温29度
平均最低気温24度
最低気温22度
降水量118ミリ
晴れた日平均4.4日
晴れ時々曇りだった日平均18.7日
曇りだった日平均6.9日
雨が降った日平均18.5日
ボラカイ島 ベストシーズン 11月(2)
11月のボラカイ島(ホワイトビーチ)

ボラカイ島の12月の天気

12月から1月にかけては、日本が真冬のようにフィリピンも少し肌寒く感じる月です。海の水温も低くなり、海水が冷たいと感じることでしょう。

12月でもここ数年は台風が来ているため、念のため用心はした方がよいです。

それでも年越しをボラカイ島で過ごすというのはとても魅力的です。

最高気温30度
平均最高気温28度
平均最低気温23度
最低気温21度
降水量80ミリ
晴れた日平均6.3日
晴れ時々曇りだった日平均18.2日
曇りだった日平均6.5日
雨が降った日平均14.5日

以上となります。

このようにボラカイ島の魅力でもあるターコイズブルーの遠浅の海を見るには、11月頃から5月頃までの乾期のシーズンに行くことをお勧めします。ボラカイ島の綺麗な海でスタンドアップパドルをするのは本当にお勧めです!

雨期のシーズンでもホテル選びを間違わなければ、ボラカイ島を十分に楽しむことができます。雨期のシーズンなだけにいつもよりも安くデラックスクラスのホテルに宿泊ができるのは、それもまた魅力の1つです。もちろん雨期のシーズンでも天気が良く風が弱い時はホワイトビーチ側でも乾期のような穏やかなビーチを楽しめる時もあります。

天気は神のみぞ知る!日頃の行いが良ければ、海外旅行中の天候も晴れるはず!?

それでは、良い1日を!