モルディブは中国人だらけ?旅行のプロが教えるリゾート選びのコツ

モルディブは中国人だらけ?旅行のプロが教えるホテル選びのコツ海外旅行

ハネムーンでモルディブに行きたいけど、最近中国人がたくさん来ているって聞いた。。。本当なのかな。。。。できれば、中国人が少ないリゾートがいいな。。。。ホテル選びのコツはあるのかな。。。

この記事は、そんな疑問に答えます。

✔ 本記事の内容

  • モルディブには中国人観光客が多い理由とは?
  • モルディブの中国人観光客が少ないリゾートを選ぶコツとは?

こんにちは、ツバサです。

現在、海外のホテルに対してのマーケティングを行っていますが、どこもかしこも中国人観光客で溢れかえっています。

その分、海外のホテルは日本マーケットを軽視しており、中国人観光客のブームが終わるとまた日本マーケットに歩み寄るという、なんとも都合のよい海外のホテルたちです。

ハネムーン旅行先として人気のあるモルディブへの旅行を検討している人でよく質問されることの1つに、「モルディブにはたくさん中国人は来ていますか?」「リゾートには中国人の宿泊客がたくさんいますか?」という質問があります。

日本人旅行者にとってはとても気になることのようです。

この記事では、「モルディブは中国人だらけ?旅行のプロが教えるリゾート選びのコツ」について詳しく解説します。

モルディブ旅行一括見積もりはこちらから

スポンサーリンク

モルディブには中国人観光客が多い理由とは?

モルディブには中国人観光客は多い?

モルディブには中国人観光客が多いのかどうか???

答えは、「モルディブには中国人観光客が一番来ています」です。

ポイントは次の3つです。

  • 中国人は観光ビザなしでモルディブに入国が可能
  • モルディブの外国人観光客で一番多いのは中国人
  • 中国の旅行のピークシーズンは旧正月と夏場

それぞれ詳しく見ていきましょう。

中国人は観光ビザなしでモルディブに入国が可能

中国人が海外旅行をする際、観光ビザを取得しないといけない国はとても多いです。

例えば、中国人が日本に旅行する際は事前に観光ビザを取得しなければなりません。

しかし、モルディブはとっても外国人観光客に優しい国30日以内の滞在であれば観光ビザなしで入国できてしまいます。

もちろん中国人もビザを取得する必要はありません。

ただし、復路の航空券のチケットを持っている、滞在に必要な所持金があるなどの細かい条件はあります。

そのため、中国人はモルディブに海外旅行がしやすく、大勢の観光客が押し寄せたこともあり、モルディブへの入国者数の中で一位になりました。

モルディブ旅行一括見積もりはこちらから

モルディブの外国人観光客で一番多いのは中国人

モルディブ観光省の年間統計発表によると、2019年度の観光客数トップ10は次の通りです。

順位国名観光客数シェア
中国284,02922.4%
インド166,0309.7%
イタリア136,3438.0%
ドイツ131,5617.7%
イギリス126,1997.4%
ロシア83,3694.9%
フランス59,7383.5%
アメリカ54,4743.2%
日本44,2512.6%
10オーストラリア39,9282.3%

引用:Ministry of Tourism

上記の通り、モルディブには中国人観光客が一番来ています。全体の22%のシェアという圧倒的な数です。

モルディブに来ている外国人観光客の中で5人に1人が中国人観光客です。

それは日本人観光客の約6倍の数となっています。

なぜこんなに中国人観光客がモルディブに旅行に来ているのかというと、北京や上海、広州からモルディブへの直行便があるためです。

日本人観光客の数が伸びないのは、直行便がなく、シンガポールやスリランカ、タイ、ドバイなどを乗り継いで行かなければならないためです。

モルディブ旅行一括見積もりはこちらから

中国の旅行のピークシーズンは旧正月と夏場

それでは、いつの時期に中国人観光客がモルディブにたくさん来ているのかというと、1月~2月にある旧正月のシーズンと7月~8月の夏場がとても多いです。

次の資料はモルディブ観光省が発表した2019年の中国人観光客の月別の人数です。

時期中国人観光客数
1月25,804
2月31,285
3月19,479
4月18,704
5月21,010
6月23,983
7月32,569
8月32,757
9月24,758
10月21,926
11月15,600
12月16,154

このように1月~2月の旧正月のシーズン7月~8月の夏場のシーズンは中国人観光客の海外旅行が活発になるシーズンとなります。

一方で日本人観光客のモルディブへの渡航者数はというと、2019年のモルディブへの渡航者数は次の通りでした。

時期日本人観光客数
1月3,126
2月3,957
3月4,080
4月6,389
5月2,204
6月2,868
7月2,802
8月4,623
9月3,318
10月3,349
11月3,110
12月4,425

日本人観光客は2月~3月の冬場のシーズン4月のゴールデンウィーク8月の夏場のシーズン12月の年末のシーズンにモルディブへの海外旅行が多くなります。

2月や8月は中国人観光客の多いシーズンのため、少し時期をずらして旅行を検討した方がよいかもしれません。

モルディブ旅行一括見積もりはこちらから

モルディブの中国人観光客が少ないリゾートを選ぶコツとは?

モルディブの中国人観光客が少ないホテルを選ぶコツとは?

モルディブのホテル選びの際、「オールインクルーシブ」「ハウスリーフ」「水上ヴィラ」などポイントになることがいくつかありますが、中国人観光客の少ないリゾートを選ぶ方法があるのかどうか?!

はい、あります。

モルディブのリゾートの仕入れや商品造成などの経験がありますが、中国人観光客の多いリゾートを避けるポイントは2つです。

  1. リゾートの客室数が80部屋を超えるところは避ける
  2. リゾートの食事がビュッフェ形式のところは避ける

リゾートの客室数が80部屋を超えるところは避ける

最初のポイントは、「リゾートの客室数が80部屋を超えるところは避ける」です。

これはどういうことかというと、中国からモルディブへは直行便が飛んでいるため、中国系の旅行会社は大型のリゾートをパッケージツアーに使うことが多いです。

これはモルディブだけに限ったことではなく、旅行先がタイやベトナム、フィリピンでもそうです。

つまり、部屋の数がないとツアーが売れないということです。

例えば、中国大手旅行会社でもある「Ctrip(シートリップ)」が、現在モルディブのパッケージツアーで販売している主なリゾートは次の通りです。

ホテル名部屋数
クラマティアイランドリゾート360部屋
ザ・サンシャムイルフシ221部屋
アダラーンセレクトミードゥパル215部屋
バンドスモルディブ215部屋
オーブルセレクトアットサンゲリ176部屋
コンラッドモルディブランガリアイランド151部屋
ロビンソンクラブヌーヌ150部屋
オーブルバイアトマスフィアアットヘレンゲリ137部屋
フィノール125部屋
リリービーチリゾート&スパ125部屋
キハーモルディブアイランドリゾート&スパ124部屋
アヤダモルディブ122部屋
アマリハヴォダモルディブ120部屋
センタラグランドアイランドリゾート&スパ112部屋
ハイダウェイビーチリゾート&スパ103部屋
ココボドゥヒティ100部屋
フォーシーズンズリゾートモルディブアットクダフラ96部屋
ザ・レジデンスモルディブ94部屋
デュシタニモルディブ94部屋
Wリトリート&スパモルディブ84部屋
サンアクアイルヴェリ77部屋

上記の通り、100部屋以上のリゾートを使うことが非常に多いです。

そのため、中国人観光客が極力少ないリゾートに宿泊したい場合は、リゾート選びの際に「80部屋以下」を目安に探すとよいでしょう。

例えば、モルディブのリゾートで部屋数が少ないところは次の通りです。

ホテル名部屋数
コモ・ココアアイランド33部屋
ミリヒアイランドリゾート39部屋
ギリランカンフシ45部屋
フシファルモルディブ49部屋
ミライドゥアイランドモルディブ50部屋
ノクモルディブ50部屋
タージコーラルリーフリゾート&スパ62部屋
タージエキゾティカリゾート&スパ64部屋
ラックス・ノースマーレアトゥール67部屋
バロスモルディブ75部屋

リゾートの食事がビュッフェ形式のところは避ける

モルディブのリゾート選びで重要視することの1つにリゾート滞在中の「食事」があります。

リゾートでの食事がビュッフェ形式のところは、客室数が比較的多いリゾートで行っていることが多いです。

そのため、中国人観光客が多い可能性が高いです。

それを避けるには、リゾートでの食事がアラカルト形式のところを選ぶとよいでしょう。

食事がアラカルト形式のリゾートは、部屋数が少ないところが多く、回転率などを重要視していません。

モルディブのような高級リゾート地へ旅行に行ったら、大勢の人が大皿から料理を取るようなビュッフェ形式の食事はできれば避けたいです。

料理がぐちゃぐちゃになっているかもしれません。

また、モルディブのリゾート選びの際、「ダインアラウンド」という言葉に魅力を感じる人がいるかもしれません。

ダインアラウンドとは、複数のレストランの中から毎回違うレストランを選んでよいというシステムです。

レストランによってはインターナショナル料理やイタリアンなど種類が異なるため、毎日レストランを変えて、いろんな食事を楽しめるというお得な気分になりそうですが、実際はビュッフェ形式の食事が多いです。

リゾート選びの際には食事についてもポイントに置きましょう。

モルディブ旅行一括見積もりはこちらから

以上となります。

現在、モルディブには中国人観光客が一番旅行に来ていることがわかりました。

しかし、うまくリゾートを選ぶことで、それを避けることができる可能性が高まります。

こういった細かいモルディブ情報は、モルディブ旅行専門店でなければ受け答えができません。

大手旅行会社の販売店舗のカウンターセールスのスタッフはモルディブに行ったことがない人も多いです。

現在モルディブのパッケージツアーでは、約100軒のリゾートが販売されています。

どれを選んだらよいかはわからないため、希望をまとめて複数社のモルディブ専門店へ一括見積もりを依頼するのがとても便利です。

モルディブ旅行一括見積もりはこちらから

モルディブは日本からも遠く、日本からの直行便が飛んでいない国です。

モルディブへの旅行は、ハネムーン旅行で一生に一度だけの旅行になるかもしれません。気になることは出発前に全て解決していくことをおすすめします。

それでは、良い一日を!

モルディブ旅行一括見積もりはこちらから